南千葉古民家再生協会について

当法人は、長期にわたって循環利用ができる200年住宅の普及・拡大を目指して、伝統資財・古民家等の再生リサイクルに関する事業を行い、伝統的木造建築の民家・町並みの保存並びに産業廃棄物の削減等による循環型社会の実現に寄与することを目的とするとともにその目的を達成するため、様々な事業を行っております。
協会概要 >>

お知らせ

古民家鑑定士更新講習 千葉会場のご案内

古民家鑑定士資格制度では、古民家を取り巻く環境の変化や、幅広い古民家ユーザーの要望に対応し、資格者の資質の確保、知識の向上を図る為に更新制度(3年ごとの更新)が設けられています。 資格の更新登録は、年2回(5月・11月) …

10/31開催の古民家を活用したまちづくり事例セミナーについて房日新聞に掲載頂きました。

10/31開催の古民家を活用したまちづくり事例セミナーについて房日新聞に掲載頂きました。 セミナーは、南房総市千倉保健センターで開催されます。 参加無料ですのでお気軽にご参加下さい。→詳細はこちら

10/31(水)古民家を活用したまちづくり事例セミナーを開催します。

10/31(水)に、南房総市千倉保健センターにて古民家を活用したまちづくり事例セミナーを開催します。 今、古民家を活用したまちづくりが全国各地で盛んにおこなわれております。 日本の歴史や文化が詰まった地域の宝でもある古民 …

千葉第二支部、第三支部設立総会開催のご案内

当法人が事務局を務める一般社団法人全国古民家再生協会千葉第二支部及び千葉第三支部(千葉古民家再生協会)の設立総会を下記の通り開催致します。 総会終了後には第1回例会を開催致します。 ご出席賜われましたら幸いです。何卒よろ …

後藤義光展示館で個人蔵作品などを展示中です。

後藤義光展示館では、後藤利兵衛橘義光(安房の三名工の一人)の生涯とその作品を紹介しています。 江戸から明治期を通じて「宮彫り師」と呼ばれる装飾彫刻家の作品です。 2月は、 ・千倉地区の個人蔵作品(置物、欄間彫刻他)や房州 …

伝統的構法による木造建築物状況調査技術者講習
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人南千葉古民家再生協会 All Rights Reserved.